婚活サイトでのアピールの仕方(自己紹介やプロフィールの書き方)

更新日:

婚活サイトでのアピールの仕方(自己紹介やプロフィールの書き方)

合コン、友人からの紹介、共通の趣味からの出会い、婚活サイト、今や婚活活動は普通の時代となっており、年齢にも幅が出てきました。

20代から30代前半までは周りからの紹介などが多くあると思いますが、30代を後半になるとお声も減ってきます。

そんな中、今、婚活サイトが人気なのをご存知ですか。

昔は利用するのに抵抗があったり、人に隠れてこそこそ申し込んだりした人もいたと思いますが、今では本当に自分にあった人を探すのには合コンより婚活サイトの方が人気が出ています。

ただ、最近の婚活サイトは色々な方と出会える場所となった反面、かなりの人数の中から選ぶ為、普通な自己紹介では振り向いてもらえない場合が増えてきました。

人は逢えばわかってもらえますが、そこまでたどり着くのになかなかチャンスが回ってきません。

今日はその婚活サイトの自己紹介などのアピールの仕方についてご案内します。

あなたの婚活サイトのプロフィールやアピールは大丈夫?

まず、みなさんは自己紹介のページにどんな事を書きますか?趣味や興味がある事を書くかと思いますが、その際にもし趣味が食べ歩きだとしたら、どういった所へ足を運ぶかなど具体的に書くとポイントがアップです。

美味しいお店があれば、県外またはそれ以上の海外まで行くや、反対に行ってみての失敗談など、ありきたりのプロフィールでは目に止まりません。

また彼女または彼氏と一緒に行くならどんなところへ行き、どんな思い出を一緒に作りたいかを具体的に相手が想像できるようなプロフィールにすると良いですね。一緒にして楽しくなるようにアピールしましょう。

これはダメ!自慢話をしてしまう

注意しないといけないのが、調子に乗って、自慢話をしてしまう事です。

自慢話と自己アピールは違います。自慢話とはこんな高級な店に行ってるとか、有名な人と知り合いだとか、などなど。

まだ好きになっていない人の自慢話は誰も聞きたくありません。

日本人は謙虚な人を好みますので、まず謙虚に相手があなたと一緒に過ごすとどのように幸せになれそうと思えるように書きましょう。(大きな幸せより小さな幸せが想像できるように書いてください)

職業欄は必須項目!現在のお仕事状況

次に自己紹介に欠かせない、現在のお仕事状況についてです。

それを書く際に、もし残業ばかりして、少しマイナス面がある場合、正直に書きましょう。

文章の中にプラス面ばかりしかなければそれも怪しまれるので、マイナス面もあるけれど、大切な人が出来ればメリハリをつけて仕事をするなど、婚活後、夫婦、家族になっていった時にその家族状況に合わせて自分は変えられる事をアピールすれば、相手の方も結婚後のイメージがわきやすくなるのではないでしょうか。

結婚までたどりついてもそれから何十年と一緒に過ごすことになりますので、大きなスパンで人生設計していることをアピールするのも良いと思います。

もし、全く人生設計ができていなければ、それを正直に書き、相手に合わせる事が出来ると長所として書きましょう。

また結婚は本人同士の問題ではない場合が多々あり家族や親せきもかかわってきます。

あなたの家族とのかかわり合い方や相手の家族とのかかわり方の希望を正直に書くと良いのではないでしょうか。

それについては嘘を書く必要はありません。

多少は盛ってもいいが、基本は嘘は書かずに素直に自分の事を書く

現代社会は様々な家庭環境になっています。今理想を書いて、自分に無理をしても実際結婚に至ってからが大変です。正直に自分の思いを書きましょう。

ただ、プラス思考で書いてください。そうすれば、たくさんの人の中からきっとあなたと共感できる相手が現れるはずです。

結婚は終わりではなく、第二の人生の始まりです。結婚相手を決める事は大変な事あり、ワクワクドキドキすることです。

全てに言える事はみんな誰しも結婚して幸せになりたいと望んでいる事です。相手の人があなたと一緒になってどんなに素敵な家族になれるかイメージできる事が大切です。

まず自己紹介を書く前に自分の長所を書き出して、自分を好きになってください。そうすればまだ現れていない未来の相手とあなたはきっと出会えるでしょう。

-婚活攻略法

Copyright© 婚活GO!運命の人に出会える婚活サイトの選び方 , 2017 All Rights Reserved.